FC2ブログ

☆5考察!風イフリート

この考察書くまでにかなり時間かかってしまいました。。。

というのも風イフリート難し過ぎてなんとも評価が難しいです

スキル1が速度、スキル2は体力、スキル3は攻撃とバラバラに火力が依存しているので

どれにすればいいのか全くわかりませんし、なにしたらいやらしいかなぁと考えたところ

私の場合は吸血ルーンに到達しました(といっても色々考えて最初から吸血つけていたのですがw)

攻撃力に特化してスキル1とスキル3をダメージアップするのも1つだと思いますし

体力に特化してスキル2に特化してもいいですし

いろいろあるとは思うのですが

ギルドバトルやアリーナ防衛での使用を考えた時

やはり3色の防衛が一番嫌だってことに落ち着きまして

 ギルドバトルで水イフリート、風イフリート、火姫の防衛に1つしているのですが

わりと事故ってくれる方が多く

お!

ってことになりました。

イフリートの中では正直水がダントツで当たりだと思います

AI改善でタゲがわからなくなりましたから恐怖でしかありませんw

そして私が吸血にした理由が前の記事でも書きましたが3体しか戦いに参加できないので

自分で回復できるという吸血は非常にやり辛いと考えました

水イフリートは2番速度、4番クリダメ、6番攻撃で使用していますが

風イフリートは2番速度、4番クリダメ、6番体力で使用しています

今のところサブオプをクリ率と体力を重視してあげていますが

よくよく考えたら、クリ率と速度に特化してなるべく体力をつけていくっていう流れのほうが強いかもしれません

2番の火力と1番の火力のみを考えた構成です

ドラゴン周回があまりできていないのでルーンなかなか集まりませんが気長に考えて

クリ率80%、クリダメ140%、速度200、体力30000くらいにまでなればかなり使い勝手いいかも

なんて考えています。水イフをリーダーに考えたらクリ率さげることもできますし!

スキルマにするのにデビルモン15匹も必要なので今現在上げていませんが

引き運なさすぎなのでもうちょっとデビル貯まったらスキルマやってしまうかもしれませんw

使い方難しくはありますが弱くは無いと思います。

ですがイフリートは水が当たりなのでなんとも…ってところではあります

もちろんこの考察は私の勝手な解釈なので1つの意見としてご参考になれば嬉しいです

もっと上手く考える人沢山いると思います!



スポンサーサイト



☆5考察 第3回目 デオマルス(水イフリート)

ようやく今さっき覚醒させましたw

覚醒させたらどんなものかな〜とワクワクして火山ヘルに行きまして

ヘルハウンド相手に スキル1が 14200
          スキル2が 5700が3発で17100

ちなみにステータスは

攻撃   2291
速度   107
クリダメ 153%

うーん。なんというか。スキル1の火力はかなり満足なんですけど。

スキル2がもうちょっと火力ほしいなぁというところです。

ただ、防御デバフ入るので、そこは大きな一因です。スキル2が2ターンならかなり使えるんですけど…

タオールがいない人にとってはかなり貴重な水アタッカーになると思います。

タイロンのスキル1連発に比べるとやはり火力は落ちますが…防御デバフあるのと

風相手でもバンバン殴れる事を考えると有用なキャラだと思います。

ルーンはアタッカーですし、覚醒でクリ率15%あがりますので当然のごとく

暴走クリダメ仕様がオススメかと思います。

ただ、暴走クリダメの場合クリ率が70は最低でも欲しいところなのでもしそこまでのルーンがない人はとりあえず暴走フル攻撃で良いかと思います。

絶望つけるにしても単体攻撃しかありませんし、激怒刃にしても…ってところなので

現状は暴走一択と考えるのが妥当かと思われます。

使ってみての感覚は、暴走すればかなりいけます。強いと思います。

ドラゴンでも有用です。

Lヴェルデ、デオマルス、コナミヤ、メイガン、ベラデオン でサクッとオートできました。

今後ほかに有用なやり方思いついたら再度記事にしたいと思います。

ガチャ限定ではなく、だれでも獲得できるため壊れ性能ではないですねw

少し残念にもおもいつつ安心もしました。

インフレはゲームをつまらなくするので、PVPのゲームですし、この運営はその辺わかってますねw

☆5おススメ!第二回は火仙人

まず、覚醒した時の名前が読めませんw 読める人コメントお願いしますw

さて、火仙人ですが、今後のアプデの際修正が決まっています。

使い方ですが、恐らくはこれしかないんじゃないか!くらいで絶望が良いかと思います。

私は絶望元気でサブで出来るだけ的中を稼ぎつつ、2番を速度、46は体力にしています。

相手のバフ剥がしがメインになるので速度は積んでおく事がオススメです。

意外と反撃にしてもイイかと思います。反撃で2ターン睡眠はいれば大きいですからね!

尚、完全なサポートキャラなので火力は期待しても無意味です。多分

スキル1は睡眠がついています。この睡眠2ターンなので当たるとかなり役立ちます

スキル2は確実に強打が2回。といっても火力無いので微妙です。ちなみに50%でバフ1個解除。このスキルは修正で強化されます。強化阻止がつくようになります。が、個人的には沈黙とかターン延長くらいしろい!と心の中で文句いってますw
 
スキル3は全体バフ解除+解除した分自分回復。 この解除が役に立つのですが、☆5なのになぜか確率80%。スキルレベル上げても変化無しです。(ひどい)(ひどすぎる!)、解除して回復要らないから味方のゲージ上げるとかしてくれないかなぁと夢見てますがw せめて持続になるとか欲しいですよね…回復って…

と、ぶっちゃけ光り輝く存在ではないです今のところw

でも愛用しています。なぜかというと風ブラウニーを持っていないので。

風ブラウニーだとバフ剥がし100%なんですよね。☆4なのに。バフももってんのに…

ということで、私の使い方は主にアリーナです。というかアリーナとギルドバトルでしか使いませんw

相手の防衛にクロエが居る時にほぼ確実に使います。

絶望をつける理由としては、バフを剥がした後に絶望のスタン判定が入るためです。

攻撃判定はバフ解除前なのですが、スタン判定は解除後なので、クロエの無敵剥がした後にスタンはいるとやったぜ!ってなりますw

一例としてはアリーナ攻めで相手にクロエが配置されている場合、メイガンリーダーで火力をあげ、仙人が先に動き、ルシェンとタオルでいっきに崩す。などの利用方法です。

リーダースキルはどこでも24%UPと秀逸なスキルをもっているので、結構役立ちます。

体力上げておくと、カミラの壁になってくれたりもします。

火力上げてつかってみようかなぁと思わなくも無いのですが、チャンスあったらやってみたいと思います。

防衛で使わないなら攻撃も有りなんですけどね!防衛となるとやはり体力積んでおいたほうがいいので…

それと的中は6番にルーンつけて100%にするまでは必要ないとおもいます。たまーに抵抗されこそすれ

70%くらいあればかなり剥がしてくれます。ホント的中と抵抗の意味良く分かりません…

ダンジョンで使うなら的中100%は有りかと思いますが、アリーナだとそんな余裕ありませんw

と今のところ中途半端な位置づけのキャラではありますが、私は愛用しています。

手に入れてからアリーナが格段に楽になりましたw

是非、他にこんな使い方あるよ!という方はお知らせ頂けたら嬉しいです!

今回もあくまで個人主観のお話なのでご参考程度におねがいします。

☆5オススメ!第一回はタオール(水キメラ)

唯一持っている☆5です。ええ。めっちゃ使ってます。

タワーもドラゴンも巨人も火山周回も。私にとってタオールはサマナのメイン!主人公です。

魅力的なのは、スキルの倍率、スキル回転の良さ、攻撃力の高さ、覚醒でクリ率が上がる。

スキル1はこの間の修正で少し弱くなってしまいましたが、あんまり関係ありません。

なぜかというと、スキルマにすると、スキル2は2ターン、スキル3は4ターンで使えるんです。

ですから、スキル1を使用する頻度は非常に低いのです。

タオールの魅力はなんと言ってもワンパンマン足り得るスキル2の高火力。

私の中途半端なルーンでも、バフ、デバフを使用する事により、

火デスナイトには50000近く。火ヴァル相手にも30000近く。リナにも35000。

ドラゴンダンジョン10階でも25000くらい与えてくれる時が有りメリメリ体力減らせます。

風にはクリティカルでないのでダメですが、風以外の属性には無類の強さを誇ります。

さておススメのルーンですが、

激怒刃セットか暴走刃のクリダメ重視の仕様が一番だと思います。更にスキル2の火力を向上させる為には速度が必要なので、サブオプは速度にもこだわる必要があるのでなかなか厳選が難しいです。
私もクリ率85%で現在使っていて、91%まで伸ばす事はできるのですが、速度が低下するとスキル2の火力が落ちてしまい、使いにくくて戻しました。
韓国では2番を速度にした激怒刃のタオールがいました。多分凄まじい火力が出る事でしょうw
私は色々な場面で使用するので激怒刃の単発火力より、暴走での総合火力をとって使用しています。

体力は低いので、死にやすいという欠点はありますが、アリーナでは壁を上手く使えば大活躍してくれます。

昔は弱くて外れ!なんて言われていましたが、修正を重ねられ強くなったキャラです。
当たったら喜んで下さい。ほんと強いです。